本当におすすめのプロバイダーを探そう!

当サイトは、本当にすばらしくて得する特典が盛りだくさんでつけられているプロバイダを比較しています。

管理人の私が今までいろいろなネット回線を使ってきましたが、その経験を活かしてあらゆる視点からプロバイダやWiMAXのメリットデメリットを掲載しています。

WiMAXはプロバイダを変更したから回線スピードが変わったりすることもありません。

一番見なければいけないポイントとしては、キャッシュバックの割引などを含めた合計金額から導きだした実質的な月額料金です。

一番おすすめのプロバイダはダントツで「VISION」

現時点で一番おすすめできる最強のプロバイダはVISIONです!なぜおすすめなのかのメリットを並べましたのでご覧ください。

1,契約期間内で実質的な月額が安く業界で一番安い

2,キャッシュバックキャンペーンによりかなり得する

3,WiMAXの端末が翌日発送してもらえる

4,最新の端末が無料で使える

5,他社回線からの乗り換えがお得!

WiMAXを初めて使うという人には上記の理由はわかりづらいかと思いますが、簡単に説明すると業界最安で使えて、端末が無料というところが一番のポイントになります。

キャッシュバックの受取もVISIONの場合は翌々月となっていて確実に取り忘れることなく受け取ることができます。

VISIONはもともとの通常プランの月額料金が安いのですが、他の回線業者から乗り換えるときも解約金などをVISIONが代わりに負担してくれます。

なので、今すぐ他の光回線やモバイル回線から乗り換えることができます。

プロバイダーで一番いいところを選ぶコツ

WiMAXのプロバイダを選ぼうと思っても、ネット上で軽く調べてみただけでも数十社はあります。

WiMAXプロバイダのキャンペーンの宣伝方法は以下のような内容でどこがどう違ってどこが一番メリットがあるのか調べるのは難しいですよね。

プロバイダーAの訴求:キャッシュバック3万円

プロバイダーBの訴求:解約金負担&端末無料

プロバイダーCの訴求:月額がとにかく安い

WiMAXのプロバイダを調べてみると何十社もあって、いろんなテクニックやマーケティングを使って顧客を獲得しようと必死にバトルを繰り広げています。

プロバイダがお客さん集めに奔走している方法はいくつかのパターンがあるのですが、どの業者が一番お得かなんて初心者の人からしたら絶対にわからないと思います。

何をベースにWiMAXのプロバイダを選択すればいいのか、今回のおすすめ1位としてご紹介したプロバイダがなぜ1位なの解説していきたいと思います。

WiMAXのプロバイダーを選ぶときに一番見るべきポイント!

WiMAXを選ぶときに最大のポイントは契約期間内でかかる実質的な総額です。

実質的な総支払合計金額というのは、契約期間内における支払総額です。

キャッシュバック金額などが多ければ多いほど、月額料金から割引されて、契約期間内の月額料金が安くなるという計算です。

事務手数料にかかった費用や端末代などは実質月額料金に加算される計算になります。

契約期間内における総額から導き出す、実質の月額料金は次のようになります。

月額料金×契約月数-キャッシュバック金額+端末代+事務手数料÷契約月数

上記の算出方法からWiMAXの月額料金を計算してみると次のような結果になります。

◆UQ WiMAX2+の場合

月額4,268円×24ヶ月-キャッシュバック0円+端末代16,500円+事務手数料3,300円÷24ヶ月=5,093円

◆GMOとくとくBB WiMAX2+ギガ放題の場合

月額3,969円×2ヶ月+月額4,688円×34ヶ月-キャッシュバック29,500円+端末代0円+事務手数料3,300円÷36ヶ月=3,920円

上の表のようにプロバイダによっては基本月額料金やキャッシュバックの金額などが違ってきます。

なので、本当に得するプロバイダなのかどうかは上記のような計算方法で算出して、実質的な月額料金という形で比較しなければ意味をなしません。

実際に上記の表をご覧いただければわかると思いますが、GMOとくとくBBとUQを比較してみると実質的な月額料金は1000円も違っていました。

なのでこうやって考えると、2年契約をすると実に2万4千円も差が開いてしまう計算になります。

WiMAXの主要なプロバイダの実質月額料金を算出してみたのでご覧ください。

VISION 実質月額:3,848円

GMOとくとくBB 実質月額:3,920円

BIGLOBE 実質月額:4,116円

DTI 実質月額:4,077円

コスパ的にはギガ放題がおすすめ!

ギガ放題プランと普通のプランとでは何が違うのかというと、通信制限の有無になります。

ギガ放題プランだと毎月の通信制限などはなくて無制限に使い放題ですが、通常プランは月に7GBしかありません。

なお、通常プランは7GBプランやライトプランなどともいわれているので、プロバイダ各社で名前が変わるので注意してください。

WiMAX本家のUQではギガ放題のみに移行しつつあります。これからはギガ放題プランのみに統一されていくことも考えられます。

後ほど解説していきますが、2021年の4月から開始されてWiMAX+5Gという、現行のWiMAXよりも高速通信が可能な接続サービスが存在しています。

WiMAX+5Gというサービスはギガ放題プラスとも呼ばれていて、5G専用のプランとなっています。

ギガ放題と一般的なプランとも異なるものになっているのでご注意ください。

下の図でも表記していますが、5Gの時代やモバイル通信技術の向上によって、普段のデータ通信量というものが昔と比べて跳ね上がっている傾向にあります。

上記のようなことから、データ通信量というのは、動画サイトなどの発展などから考えると上限がなければないほどいいと思います。

以上のようなことから、金額で気にも通信制限的にもギガ放題プランの方がダントツでおすすめですね。

とはいっても、なるべく月額料金を少なくしたいという人や、メールだけしか使わないという人は通常プランでも十分でしょう。

さらにいうと月額費用をなるべく抑えたいという人はWiMAXだけではなくてもいいというくらいです。

WiMAXを選ばなくてもクラウドSIMなど、モバイルルーターはいくらでもあるので、安いところを探しましょう。ですが、そういったところは通信制限があるので注意が必要です。

★ギガ放題

実質月額:3,800円~4,800円

通信量:3日間で10GB 月間での制限はなし

用途:オンデマンド、youtube、テレビ会議、ゲーム

★通常プラン

実質月額:3,200円~3,800円

通信量:月間7GBまで

用途:メール、ネットサーフィン

以上のように、ギガ放題プランの方が利点が多くありますね。

月額料金については約1000円くらいの差がありますが、金銭的なこと以上に、ギガ放題プランを選ぶメリットが大量にあるので、どこをどうやってもギガ放題の方がおすすめです。

私はギガ放題プランも通常プランもどちらも使ったことがあるので、とくに感じたことを列強しておきたいと思います。

1,スマホは自動的にあらゆる通信を行っているのでデータ量がかさんでいく

2,制限を気にして思う存分に楽しめない

3,毎月の制限を超えた場合は小さい転送量で耐えるしかない

ちなみにですが、5Gのプランは3日間で15GBとなっています。

なので、5Gのエリアでなくても5G専用のギガ放題プランというものに入ることもできます。

WiMAXの端末の選び方とは

WiMAXを使うためには端末を手に入れなければなりません。基本的にどのプロバイダ経由でも端末は同じになっています。

このプロバイダ専用の端末しか存在しないみたいな端末はありません。

いろいろなプロバイダがありますが、選べる端末数は数種類あります。ですがどういう性能を持っていてどういうメリットがあるかわかりにくいものです。

プロバイダの中でも何種類か選べるモバイルルーターで現時点で一番おすすめなのがW06という機種です。

WX06という名前が似た機種がありますが、バッテリーが長持ちなのでW06の方が個人的にはおすすめできます。

ルーターなどの端末のレンタル料金などは、ほぼすべてのプロバイダで無料となっています。

UQから直接WiMAXを契約しようと思ったら1万円以上かかってしまうのでプロバイダの方がお得ですね。

ここ最近になってWiMAXユーザーがプロバイダだけ乗り換えてモバイルルーターを同じものを使い回すことができるように、SIMだけのサービスもあります。

近年登場したばかりのモバイルルーターというのはバッテリーも大容量で、通信性能も安定していて、ずっと使い続けたいような構成のなものばかりなので、SIMだけもらって本体は使い続けたいという心理も納得です。

とはいっても、一つの端末を長年使用し続けていると、バッテリーの寿命が近づいてきていることもあるので、本体の端末を丸ごと交換してしまうのもありですね。

契約期間が定められている

光回線業者は皆一様に契約年数の決まりがあり、WiMAXも2年契約と3年契約があります。

2年縛りや3年縛りの途中で解約すると違約金を取られてしまいます。その年数をたつと違約金なしで解約することができるという仕組みです。

現在のWiMAXの設定上は1年から3年までの契約期間があります。

プロバイダによって用意されている契約年数というのは違うので、自分がたとえば1年で契約したかったら1年規約が用意されているプロバイダを見つけて契約すればいいと思います。

業界のルールとして、長い契約期間であればあるほど、一ヶ月あたりの料金が安くなるようになっています。

たとえば3ヶ月とか半年しか使わないというような人は、解約期間が存在しないようなプロバイダもあるので、そういうプロバイダで契約するのも一つの手だと思います。

なお、短期契約でWiMAXをお考えの人は、WiMAX自体を使わないで他の方法を採用するという手もあります。

ですが、短期利用でも安定的な回線を使いたい人はWiMAXがおすすめです。

高速通信じゃなくてもいいからちょっとだけインターネットを使いたいという人は、WiMAX以外にもたとえばクラウドSIMなんていうのもありますね。

見た目の月額料金ではなく本当の月額料金を見る

現在WiMAXのプロバイダーなど回線業者のプロバイダは最初の数ヶ月だけを安くして、雰囲気だけ安いかのような感じを醸し出す宣伝方式が採用されています。

なぜこうしたことが起きるのかというと、プロバイダー業者によるユーザー獲得争いが激化しているからなんです。

一例としてWiMAXのプロバイダー業者であるカシモの月額料金を見てみると、1ヶ月目の月額料金が1380円となっていて、2ヶ月目以降は3610円となっています。

こういった例のように最初の月だけが半分以上安くなっていることもあるので、総合的な支払合計額をあらかじめ計算しておかなければ本当にいいプロバイダーを選ぶことはできません。

もっというと、プロバイダーというのは2年や3年の契約期間があるので、その期間分の支払合計を見てみる必要があるのです。

プロバイダーで本当に安いところを探そうと思ったら、契約期間すべての月額料金を計算して、本当に安いかどうかを比較する必要があるということです。

各社のプロバイダの宣伝で使っている月額料金というのは最初の月だけである場合が多いので、そこだけ見てプロバイダーを選んでいるようでは損をしてしまいます。

当サイトでもここまで解説してきたように、毎月の料金と特典割引をすべて総合計した上での実質的な月額料金を割り出さなければ本当に最安のプロバイダーを見つけることはできません。

当サイトではキャッシュバックや月額割引などのキャンペーンをすべて踏まえた上での本当の実質的な月額料金を計算しています。

以上のようなことから、当サイトでランキングにしているプロバイダーというのは、本当にお得なランキングだといえるでしょう。

キャッシュバックキャンペーンとは?

WiMAXのプロバイダーはほとんどすべてといってもいいくらい、お客様にキャッシュバックキャンペーンを実施しています。

キャッシュバックを実施しているプロバイダーに対する口コミの一例として、受け取り申請がめんどくさすぎて結局やらなかった…というものがありますが、これはごくごく一部の悪質な代理店だけなので安心してください。

一昔前はこういう悪質な長引かせるようなプロバイダーが跋扈していましたが、最近では悪評が広まってそういう悪質な代理店は淘汰されて今ではほとんど残っていません。

今の時代は契約するときにメルアドを登録しておけばキャッシュバック受け取りに必要なメールを受信できる仕組みになっています。

最近のプロバイダーはマイページにログインすることによってすぐに振り込み申請をすることができるように改善されています。

さらに最近では現金のキャッシュバックではなくて、WiMAXの毎月の月額料金を大幅に値引きするというキャンペーンを打ち出しているところも多くなっているので、キャッシュバック申請すら必要なくなっているというメリットがあります。

本来であればキャッシュバックする予定だった金額をお客様の毎月のWiMAX支払料金から割引することにより申請手続きや振り込みの確認なども一切する必要がないので、こちらの方が人気のキャンペーンになってきているのです。

ですが、キャッシュバックは実質的な月額料金を安くするポイントです。顧客に使ってもらいやすい宣伝材料になっていることは間違いありません。

実際に他社よりも安くなることが多いので、キャッシュバックキャンペーンがあるプロバイダと契約するときはきちんとキャッシュバックを受け取るようにしましょう。

契約する前に知っておきたい受け取り申請や方法などについて解説しているのでご覧ください。

なお、キャッシュバックの受け取り時期も短くなっています。

簡単に説明すると、今まではキャッシュバックを受け取るまでに半年や1年以上経過しないともらえなかったのですが、契約が完了してから2ヶ月後に振り込まれるようなプロバイダも増加傾向にあります。

キャッシュバックを早急に振り込んでくれる改善というのは、利用者も受け取り忘れや申請し忘れなどを防止してすぐ現金を手に入れることができるということです。

以上のように、ユーザー目線で考えて改善しているプロバイダーもたくさんあるので、そういう企業努力をしているようなプロバイダーで契約するべきですね。

WiMAXのプロバイダーをランキング!

WiMAXのさまざまなキャンペーンなどから本当にお得なプロバイダーを比較しました。

以下の月額料金は、一番おすすめプランのギガ放題プランで計算してあります。

★VISION

実質月額:3,848円 基本月額:3,979円 手数料:無料 キャッシュバック:5,000円 端末料金:無料 契約期間:3年

★GMOとくとくBB

実質月額:3,920円 基本月額:4,688円 手数料:3,300円 キャッシュバック:29,500円 端末料金:無料 契約期間:3年

★GMOとくとくBB 月額割引コース

実質月額:3,893円 基本月額:3,678円 手数料:3,300円 キャッシュバック:6,000円 端末料金:無料 契約期間:3年

★カシモ

実質月額:3,994円 基本月額:3,971円 手数料:3,300円 キャッシュバック:月額値引き 端末料金:無料 契約期間:3年

★DTI

実質月額:4,077円 基本月額:4,136円 手数料:3,300円 キャッシュバック:月額値引き 端末料金:無料 契約期間:3年

★BIGLOBE

実質月額:4,116円 基本月額:4,378円 手数料:3,300円 キャッシュバック:17,000円 端末料金:880円/月 契約期間:1年

★So-net

実質月額:4,542円 基本月額:4,817円 手数料:3,300円 キャッシュバック:月額値引き 端末料金:無料 契約期間:3年

★UQ

実質月額:5,093円 基本月額:4,268円 手数料:3,300円 キャッシュバック:なし 端末料金:16,500円  契約期間:2年

プロバイダーを比較するときに一番見るべきポイントとしては実質的な月額料金です。

プロバイダーによっては契約が終わって最初の数ヶ月だけ通常の半額だったりして、本当の月額基本料金が見えてこない場合もあるので、全体的な評価が必要になってきます。

今までも解説してきたように、月額料金を計算した上で、キャンペーンなどの割引を計算して、本当に支払う月額料金を見分けることが肝要となっています。

なお、実質的な総額で比較した場合、2年契約よりも1年契約の方が総合計金額が安くなるのは当然で、一ヶ月あたりに換算してみると逆に高くなるので数字のマジックにごまかされないようにしましょう。

とはいっても、短い期間しか使わないような人は、解約料がかからないように短めの契約期間で最初から契約しましょう。

一番キャッシュバックや月額が優れているプロバイダ

WiMAXの現時点でもっとも実質月額料金が安くて超優良なプロバイダーを解説していきたいと思います。

第1位 VISION

VISIONは東証一部上場企業のビジョンという会社が営業しているWiMAXのプロバイダーです。

特徴

実質月額:3,848円 契約年数:3年間

初期費用:無料 端末代:無料

支払い方法:クレジットカード

メリット

1,条件ありで解約金無料

2,様々な特典で月額費用がかなり安い

3,最初の月額料金は日割りなしで無料

4,事務費用が無料!

第2位 GMOとくとくBB

GMOとくとくBBはキャッシュバックキャンペーンや月額割引など競合他社を引き離すほどのキャンペーンが充実しているプロバイダーです。

WiMAXのモバイルルーター端末はもちろん無料でもらえて、通常プランであれギガ放題プランであれ実質的な月額料金が業界最高峰の安さとなっています!

GMOとくとくBBは20日以内であればなんの違約金などもなしで解約できるので、接続できなかったとか、回線が不安定などの不具合があればすぐに解約できるようになっています。

他にも、端末を即日発送してくれるという利用者にとっては嬉しい特徴もあります。

特徴

実質月額:3,893円 契約年数:3年間

初期費用:3,300円 端末代:無料

支払い方法:クレジットカード

メリット

1,月額料金割引かキャッシュバックを自分で選択できる!

2,キャッシュバックの最高額は約3万円!

3,値引きキャンペーンを適用するとギガ放題でなんと月2849円になる

4,20日以内であれば返品できる

5,モバイルルーターの最速発送!

第3位 カシモ

カシモはWiMAXを契約した最初の月だけ1380円で利用可能なので、初期費用をできるだけ少なくしたいという人におすすめです。

キャッシュバックキャンペーンは実施していませんが、2ヶ月目以降もギガ放題プランが3610円でずっと使い続けられます。

また他にもモバイルルーターの端末の最短即日発送もしています。

特徴

実質月額:3,994円 契約年数:3年間

月額料金:1,518円~3,971円

初期費用:3,300円 端末代:無料

支払い方法:クレジットカード

メリット

1,WiMAXのギガ放題プランが初月1518円で利用可能

2,初期費用が安くていい

3,WiMAX端末を最短で発送

4,U-NEXTの見放題プランが1ヶ月無料

第4位 DTI

WiMAXのプロバイダー、DTIの利点としては2ヶ月間は無料で使えるのがいいですね。

初期投資額を少なくしたいという人はメリットに感じるのではないでしょうか。

しかり、DTIは事務手数料がなんと5000円もかかるので、その他の一般的なプロバイダーからしたらかなり高めの設定になっています。

第5位 BIGLOBE

BIGLOBEのメリットといえばなんといっても1年という短期契約が可能なところではないでしょうか。

現金バックも契約後にすぐ受け取りができますし、途中でやめたくなって解約したとしても違約金が1000円しか取られないのもメリットの一つです。

デメリットとしては、他のWiMAXプロバイダーが無料でお客様に譲っているモバイルルーターの端末が毎月800円かかってしまいます。

WiMAXの申し込み手順

WiMAXの申し込みから回線が開通するまでの流れは、どこのプロバイダーで契約したとしても同じ流れとなっています。

1,自分が契約したいプロバイダーで申し込みボタンをクリックする

2,通常プランを選ぶか、ギガ放題プランを選ぶか選択する

3,次の画面でWiMAXで使いたいモバイルルーターと細かいオプションを選択しましょう。

4,次の画面で個人情報を入力します。名前、住所、電話番号など。

5,WiMAXで支払う方法を入力。クレジットカード番号など。

6,いろいろな情報を入力完了したら、3日程度でプロバイダから端末が届きます。

大まかに分けると上のような申し込みから契約の流れとなっております。1週間もかからずにネットに接続できるというのはとても嬉しいですよね。

圧倒的に短期間でインターネット環境を手に入れられるのはどの光回線やADSLよりもメリットだといえるでしょう。

ちなみに、UQの店舗で契約すれば即日使うことも可能です。

WiMAXを量販店で申し込むのはやめておきましょう

電器屋さんでWiMAXを契約するのは、大手のプロバイダーと比べてかなり損してしまうので絶対にやめておいた方がいいでしょう。

家電量販店で申し込みをしてはいけない理由として、競合他社よりも実質的な月額料金が高くなってしまいます。

大手のプロバイダーと家電量販店の実質月額料金を具体的に比較してみると差が一目瞭然だと思います。

サイト上部でも解説してきたように、どのプロバイダーでWiMAXを契約したとしても回戦の性能自体に違いはないので、できる限りやすい月額になるようなプロバイダーを選択するべきです。

家電量販店から申し込んだとしても、特有のメリットなどはほぼありません。

10年くらい前までは、WiMAXをその店舗で契約すると、そのお店の割引券などがもらえていたりした時期もありました。

しかし、こういった特典はほとんどなくなってしまったので、電器屋さんで契約する必要性がほとんどありません。

なお、家電量販店のサービスはUQ本家と全く同じサービスとなっているので、月額料金はUQと同じです。

一部の家電量販店では大型の家電製品のみ割引してくれるサービスがあるようですが、そんなのと大手のプロバイダーのキャンペーンを比べても雲泥の差があります。

家電量販店で対面で解説を受けながらWiMAXを契約するメリットがあるといっているサイトもありますが、正直言ってしまうと家電量販店の店員にWiMAXや光回線などに詳しい人はほとんどいません。

営業トークで表面的な知識しかないと思うので、なんらかの説明をしてもらったとしても信じ込まないで自分で客観的に比較した方がおすすめです。

UQの店舗でも契約するともったいないです!

UQスポットというものを知っていますか。格安SIMやスマホ本体を販売しているUQモバイルの実店舗が全国展開しています。

もちろん、UQWiMAXの契約をすることもできるので、電器屋さんのように店員と対面で詳しい話を聞くこともできます。

UQの本家だからといって、家電量販店と同じくWiMAXの契約はやめておいた方がいいでしょう。

UQスポットの店員がいろいろWiMAXについて解説してくれるという利点はありますが、月額料金的にはほとんどメリットがありません。

そもそもの問題としてUQ自体がプロバイダーとしてあまり力を入れていないので、キャンペーンや月額割引などがほとんどないのです。

たとえばですが、一番人気のプロバイダーとUQを比較してみると、実質料金が1年間で1万円以上もの差があるので、5年10年と契約したらそれだけ損失がかさんでいくことになります。

UQのお店での契約もメリットはあります

UQスポットのお店で契約したら、WiMAXの在庫があれば家に持ち帰ってその場で塚ことができます。

端末さえあればいくらでもインターネット接続ができるので、早さを最優先している人はUQスポットで契約してみるのもいいでしょう。

とはいっても、UQスポットの実店舗はキャンペーンもやってないですし、おすすめできたものではありません。

ですが、WiMAXプロバイダーのGMOとくとくBBやブロードWiMAXでは即日発送にも対応しているので、時間をかけたくないという人はこちらのプロバイダーをおすすめしています。

キャッシュバックを受け取るまでの流れ

WiMAXのプロバイダーで実施されているキャッシュバックは基本的には自分で振り込みの申請手続をしなければなりません。

普通はキャッシュバックキャンペーンを受け取るためには何ヶ月以上などのある程度の利用期間が定められています。なので、その期間を過ぎないことにはキャッシュバック申請の案内が送られてきません。

プロバイダーでキャッシュバックキャンペーンを受け取るためには、会員ページにログインして、そのページで振込口座などを登録して申請手続が完了します。

メールでの受信や会員ページでのチェックが必要で、不明なことがあればプロバイダーに聞いてみましょう。

WiMAXの速度制限はどういったものなのか?

ここではWiMAXの3日で10Gというデータ通信量の制限について解説していきたいと思います。

WiMAXには通信制限があると思われていますが、実際は3日で10Gの通信制限が行われる時間帯は夕方から深夜までなので、日中はそもそも制限がかかっていません。

さらに、通信制限された速度でもダウンロード速度が1Mbpsもあるので、メールやテキストベースのサイトなどは全く停滞なく見ることができますし、動画も見ることができます。

ギガ放題の3日間で10GBの10GBという容量がいったいどれほどのものか解説していきたいと思います。

動画で言うと、youtubeのスタンダードな画質で閲覧すると50時間分くらいは見える計算になります。

たとえばyoutubeによくある5分くらいの動画を回数で計算してみると500回以上は見られる計算になります。

とはいっても、最近はユーチューバーがみんなこぞって収益化に乗り出していて、10分だと広告がつけやすくなるので、10分以上の動画を投稿している人が増えてきています。

こういうことになると5分の動画だと600回くらい視聴できていたものが、10分になると200回くらいになります。

WiMAX+5Gなら3日間で15GBの通信制限となっているので、ギガ邦題プランよりも5ギガバイトも通信量がアップしています。

WiMAXをその内使ってみたいと思っているけど、通信制限が10GBは制限にかかりそうだから足踏みしてしまうという人は、エリア外でも5Gのプランで契約することができるので、そうすれば5GBも上限を伸ばすことができます。

実際問題として制限はなし!

WiMAXのギガ放題プランは3日で10GBの通信制限があると説明してきましたが、月間に換算してみると100GBくらいしかできないとお思いの人も多いと思います。

これは一見すると月間100GBしか使えないようにも思えますが、実は何GBでも使えるのです。制限がかかるのは夜の時間帯だけなので、日中は大げさに言ってしまうと1000GBの通信だってできてしまうのです。

なので、やろうと思えば制限なく利用ができてしまって、月間で500GBでも800GBでもいくらでも通信量を増やすことができるのです。

WiMAXの3日で10GBの制限がかかってしまったら、スマホのデザリングなどで制限時間を潰せば夜中からまた日中のような高スピードでWiMAXを楽しむことが可能になります。

そもそも3日で10GBなんてそんなに引っかからないと思いますし、もし引っかかったとしても1Mbpsものスピードがありますので、低画質の動画も見れますし、まとめサイトやヤフーニュースやライブドアニュースなどは余裕で見ることができます。

とはいっても、毎月のように数百ギガバイトもの通信量をおこなっていたら、WiMAXの回線元に目をつけられて特定の制限をかけられてしまうこともあるので注意しましょう。

WiMAXにつけられるオプションとは

自分の必要性に応じていろいろなオプションに加入してみてもいいと思いますが、ネットになれているのであれば下記のようなオプションは不要だと思います。

とはいても、初心者用のサポートなどはつけておいて損はないと思います。

次の表はUQでのオプション加入ができるものになっていますが、そこにプラスしてプロバイダーでのオプション加入もできるようになっています。

WiMAXのオプションによくあるのは、動画や音楽などのエンタメ系とセキュリティサービス系に大別されます。

回線サービスのオプションは直感で決めるのがいいと思います。あれもこれもいるかないらないかなとやっていては余計なオプションに入りすぎてしまって月額が高くなってしまいます。

WiMAXとauは相性が抜群!

WiMAXという回線はそもそもKDDIのグループ会社であるUQが提供しているので、auスマホをお持ちの方は月額料金を割引にできる可能性があります。

ここで解説していくのはauスマートバリューという割引サービスになります。

ウルトラギガマックスと呼ばれるサービスはUQのスマホとWiMAXをダブルで申し込むことにより500円の割引になります。

この割引が適用されるのはUQモバイル側のスマホになります。

auのスマホを契約しているのであれば、必ず契約しておいた方がいいスマートバリューというものがあります。

auでのスマホを契約しているときはずっと月額割引が適用されるすばらしい割引キャンペーンになります。

auスマートバリューという割引サービスは、auのスマホを持っている人が1000円くらい割引になります。

最大で1000円の月額料金の割引となっていますが、現在auで契約しているプランによって違いがあります。

現時点でauのスマホを持っている人はとくにおすすめの割引サービスです。

WiMAXの違約金は契約期間によって変わる

WiMAXの契約年数はプロバイダーによって違います。1年から3年までいろいろなタイプがあります。

回線サービスなどはどこでもそうですが、解約料がかからない月というのは決まっていて、これを過ぎてしまうと解約料を取られてしまうので、自分がどのタイミングで解約するかをあらかじめ想定しておきましょう。

次の表は契約開始を1ヶ月目としたときの途中で解約したときの解約料の表になります。

1~13ヶ月目で解約 2年契約:20,900円 3年契約:20,900円

14~25ヶ月目で解約 2年契約:15,400円 3年契約:15,400円

26~37ヶ月目で解約 2年契約:10,450円 3年契約:10,450円

WiMAXを申し込むときは解約できる月をリマインダー登録などしておきましょう。

WiMAXを解約するときの手順

プロバイダーによって解約方法は違ってきますが、ほとんどの場合で次のような方法になります。

会員ページから解約手続きor電話による解約手続き

プロバイダーはほとんどどこの会社でも解約をするときに他のプランを案内されます。

他にも、途中解約をするときは、契約終了月間ではないので、解約料が必要ですよという説明があります。

WiMAXの通信速度でテレワークに耐えられるか?

昨今のテレワークぶーの流れからズーム会議などがはやっていますし、政府もテレワークを推奨しています。

在宅勤務からの会議だけではなくカフェやネットカフェや駅に設置されている一人用の作業個室などから仕事をしている人も急増しているので、WiMAXなどの無線接続が取りざたされています。

喫茶店や漫画喫茶や駅などのフリーWi-Fiで接続するとセキュリティの脆弱性からパスワードやIDなどがもれてしまう可能性も否めません。

WiMAXなら自分しか接続できないので、フリースポットのようにセキュリティの漏洩を気にすることなく、テレワークや自分のネットサーフィンを楽しむことができるので、このテレワーク時代に入ってからWiMAXの契約件数が右肩上がりに伸びてきているようです。

では、WiMAXがそもそもテレワークに耐えうるかということですが、次のようなポイントがあります。

ネット回線のスピードや安定的な接続はできるか、通信量の制限にかかってしまうのではないか、という問題点などが考えられます。

これらのような不確定要素がありますが、では実際にWiMAXはこれらの問題を乗り越えられるかについて解説していきたいと思います。

WiMAXはそもそも基地局がめちゃくちゃありますので、ビジネスでもエンタメ目的でも使いやすいといえるでしょう。

WiMAXは比較的に、他のネット回線と比べて、高速通信が可能で、回線速度の安定性もあります。

なので、モバイルネットワーク通信を選択するならWiMAXが一番おすすめといえるでしょう。

WiMAXを使うときは、自分の住んでいるエリアで使えるかどうかをチェックしてからレンタルをして見てもいいかもしれません。

昨今話題のズームを使った会議をされる人は、モバイル通信の制限が気になる人も多いのではないでしょうか。

とはいっても、WiMAXならギガ放題プランであれば夜間のみの制限なので、仕事で使う分の制限はかからないと思います。

会議の解像度なども調整しておけば、無駄なデータ送受信を極力避けることができます。

WiMAXの活用方法にはオンライン会議だけではなくて、ありとあらゆるものがあります。

短大生や専門学生や4年生の大学生の人は、オンライン授業をWiMAXで受けることも可能です。

東進などのオンライン授業を取り入れている学習塾などでWiMAXを使うときも、喫茶店などで外出先から利用することができます。

他には、引っ越したばかりで光回線などが使えないときでもWiMAXなら、引っ越したその日からインターネットが快適に利用可能です。

WiMAXで一番使えるモバイルルーター

最近にWX06という最新の機種が発表されたものの、若干の違いだけで、一番主流の機種W06とほとんど違いはありません。

端末を選ぶ時のポイントとしては、回線速度が大切なので、今現在はW06がおすすめです。

モバイルルーターW06の最高速度は1.2Gbpsくらいとなっていますが、この接続方法はUSBでパソコンに接続した場合なので、普通に使ったら数百Mbpsくらいになりますが、十分なスピードだと思います。

また、W06の方が回線が安定していて速いので、早さ重視なら断然W06の方がおすすめですね。

一番おすすめのホームルーターとは

WiMAXは家でも外でも接続できるモバイルルーターの他にもホームルーターという端末を選ぶことが可能です。

家で光回線並みの高速インターネット環境を導入したいという人は、ホームルーターがおすすめです。

モバイル端末とホームルーターのメリットデメリットを詳しく解説していきます。

ホームルーターは据え置いて使うタイプのルーターなので、バッテリーが付いていません。

また他にも、ホームルーターにはモバイル端末にはない、がっちりしたアンテナが搭載されているので、快適なネット環境を実現できます。

一般的にモバイル端末は手元に置いておきますが、ホーム端末は逆に部屋に置きっ放しにして使います。

なので、手元のタブレットやノートPCなどの端末から離れていても接続環境が保たれやすいようになっているというわけです。

現在一番おすすめのホームルーターの端末はHOME02でしょう。

機能面だけではなくて、デザイン面もスタイリッシュでとてもコスパが優れているといえるでしょう。

ズバリ!モバイルかホームどちらがいいのか?

では、これまでに解説してきたモバイルルーターとホームルータは結局のところどちらが優秀なのでしょうか?

機能性やコスパなどについてどういう場面で使えばどちらの方が優れているのか解説していきたいと思います。

まずモバイルの方ですが、モバイルルーターの最大の利点は家でも外でもどこでもネット接続ができるようになるという点です。

次にホームルーターですが、こちらはアンテナがしっかりしているので、回線の速度と安定性が高いことと、バッテリーがACアダプタなので無限に持つところでしょうか。

モバイル、ホーム、両方のメリットデメリットを簡単に説明しましたが、結論を言うとモバイルルーターの方が全体的にはおすすめです。

モバイルルーターもクレードルを使うことにより、据え置きタイプのように使えるので、2つのホームルーターを兼ね備えているという面もあります。

モバイルルーターでもクレードルを使いながらホームルーターのような使い方ができるので、モバイルの方がおすすめですね。

LTEのネットワークを利用しよう

WiMAXにおいて、LTEオプションはauの4Gネットワークを利用する、ハイスピード+エリアモードによる接続となっています。

WiMAXでつながりにくい場所で使えるサービスです。

土台として、WiMAXの電波とスマホの電波の接続技術などは違うのですが、auのLTEならWiMAXとつながりやすいという点があります。

auのLTEは800Mhzの電波が使われているので、地方なども含めて回線がつながりやすくて安定しやすいネットワークとなっています。

WiMAXが3年契約なら、すべてのプロバイダーで月に1000円が無料で使えます。

月間で7GBのデータ量の制限がありますが、WiMAXで接続しにくい田舎などでは積極的に使いたいですね。

とはいっても、auのLTEで7GBの制限に達してしまった場合はWiMAX2+の制限もかかるので意識しておきましょう。

カタログ速度ではなくて実測値の回線速度

WiMAXをこれから契約するかどうかを検討している人で一番気になるポイントの一つにどれくらいの速度がでるかというものがあります。

カタログデータは早いけど、本当の実測値は早いのかどうか、安定性はどれくらいあるのかなどなど気にしている人は多いと思います。

そもそもWiMAXの理論値としては以下のような数値になっています。

上の表は理論値となっていますが、実測値としては私のWiMAX環境でほぼ安定的に50Mbpsは出ています。

そもそもWiMAXの回線スピードというのはあらゆる要因に柄今日されます。すんでいる街、端末の違い、時間帯等々です。

とはいっても、WiMAXは利用者が桁違いに多いので、基地局もどんどん増えてきて、回線速度はもちろんのこと安定性も右肩上がりで伸び続けています。

WiMAXと光回線のどちらをとるか?

以下には固定回線とWiMAXの違いを解説しています。

★WiMAX

通信速度:下り速度440Mbps~1.2Gbps 利用場所:宅内、屋外 工事:不要

月額料金:約3,500円~4,600円前後 利用開始まで:最短当日~1週間程度

速度制限:3日間で10GBまたは月間7GB

★光回線

通信速度:下り速度1Gbps~2Gbps 利用場所:宅内のみ 工事:必要

月額料金:約2,000円~5,000円前後 利用開始まで:数週間~1ヶ月以上

速度制限:制限無し

光回線などの固定回線とWiMAXはポイントは全然違いますが、ネットに高速接続するという観点に関しては同じですよね。

自分の目指したい環境に合わせてどちらにするかを決めるのが一番でしょう。

WiMAXは世界で標準化された通信技術である

WiMAXはIEEEという通信の規格にもなっていて、世界で規格化されています。

WiMAXは英語の略の頭文字をつなげたものであり、無線での高速通信を提供するために作られています。

そもそもは、地方などで固定回線が届かないラストワンマイルをつなぐための無線規格としての意味が強かったのです。

WiMAXは日本でしか流行していないと思われていますが、昔はそうでもなかったのです。

WiMAX2+となった時点で日本だけが独自の路線を走るようになってしまって、日本でしかWiMAXが提供されなくなってしまったのです。

ちなみにですが、外国でWiMAXを使うときは、WiMAXの機械が搭載された端末でしか使えません。

競合他社のモバイルWi-Fiとの比較

WiMAXと似たようなサービスのワイモバイルとクラウドWi-Fiについて解説しています。

まず最初にチェックしておきたいポイントとしては、回線速度とデータ量制限になります。

WiMAXとワイモバイルはほとんど同じようなサービス内容となっていて、クラウドWi-Fiは使う人を選びます。

WiMAXやワイモバイルは、動画やゲームなども利用できる接続サービスとなっています。

他方で、無制限で使えるモバイル環境といわれているクラウドWi-Fiは通信速度が遅いので、メールやネットサーフィンだけが使いたい人向けといわれています。

フールーやネットフリックスやハイビジョンのゲームなどをする人は、クラウドWi-Fiは不向きだといえます。

クラウドWi-Fiがサービスを開始して間もないので、通信速度が不安定で、ネットワーク障害などが頻発しやすいともいわれています。

スマホでデザリングするかWiMAXを使うか?

WiMAXを購入しなくても、スマホのデザリングを使えばいいんじゃないかと思っている人も多いと思います。

デザリングではなく、WiMAXからネットに接続する大きなメリットはなんなのでしょうか。

デザリングという機能は、スマホを経由して、携帯電話のネットワークを使ってインターネットに接続する方式です。

パソコンなどをスマホを経由してネットに接続して楽しむことができます。

デザリングのオプションに入ることにより、スマホ自体のネット接続はもちろんのこと、タブレットなどの端末をすべてデザリングでネットに接続できるようになります。

スマホのデザリングでネットに接続するのと、WiMAXでネット環境を手に入れるのとではほとんど機能的には同じです。

デザリングよりWiMAXの方がすごい理由

スマホ経由でネットに接続するよりも、WiMAXでネットに接続した方がいい理由としては以下のようなものがあります。

ポイント1 デザリングは携帯会社の通信量制限がある。WiMAXなら使い放題。

ポイント2 WiMAXはネット接続に特化しているから利便性が高い。スマホはおまけだから使い勝手が悪い。

ポイント3 携帯会社のデザリングは余計な費用がかかってしまう可能性がある。

上記のようなことからタブレットやパソコンやプレステなどを接続するときはWiMAXが圧倒的に有利になります。

通信データ量を節約したいときは、逆にスマホ自体をWiMAXで接続するというのもありだと思います。

デザリングは緊急時の対策として使うというのが一番正しい使い方だといえるでしょう。

WiMAXでも5Gが提供されました

2021年の春からWiMAX+5Gがサービス提供されました。まずはUQから契約が封切りされてプロバイダー各社も順次拡大しています。

WiMAXの端末は5G専門でサムスンのモバイル端末と、ZTEのホーム端末の2つの端末があり、ダウンロード速度2.7Gbpsという速度が出ます。

WiMAX+5Gの最大スピードはWiMAX2+の倍以上のスピードを誇っています。

WiMAX+5Gの通信制限は3日間で15GBとなっているので、WiMAX2よりも5GBも増設されています。

WiMAX+5Gのプランはどれくらいの金額なのか

WiMAX+5Gの料金プランはUQにおいて最初のキャンペーンを利用すると、2年契約で毎月約4300円で利用できるようになっています。

WiMAX+5Gなのにも関わらず、WiMAX2とほぼ同じ料金で使えるのは、サービスが開始されて間もないので割引が豊富だからでしょう。

WiMAX+5Gには一般的なプランがないので、WiMAX2のバージョンアップ版の、ギガ放題プラスというプランがあります。

WiMAXの5Gは出たばかりだけど端末は使いやすいのか?

WiMAXの5Gでは、WiMAX2にはない専用の端末が用意されています。

現在はモバイル端末のサムスン製のSCR01というものと、ZTE制のホーム据え置きタイプのものがあります。

まだまだWiMAX+5Gはサービスが開始されたばかりですので今はまだ少ないですが、これからはどんどん新製品が投入されていくことが期待されます。

WiMAX+5Gのサムスン製の端末としては大きさや重さはほとんど変わりません。

デメリットはUQの場合はプロバイダーに端末料金を一括か分割で支払う必要があり、現行のWiMAX2の端末代金よりも高めに設定されています。

WiMAX+5Gには3G4Gのように速度制限があるのか?

WiMAXでは制限として月間の制限はありませんが、5Gのプランではあるのでしょうか。

WiMAX+5Gでは今まで通り、毎月の制限というものは存在しません。

WiMAX+5Gは3日間での制限がWiMAX2+と比べて5GBもアップしています。

またさらに、LTEとしての月間制限が7GBとなっていましたが、WiMAX+5Gは15GBとなって、8GBも増量されています。

制限適用についてですが、3日間で15GBを超えた場合は夕方6時から制限がかかります。

昼の時間帯などには制限がかからないので、在宅勤務でのオンライン会議などには最適なツールだと思います。

WiMAX+5Gの回線速度はどれくらい速いのか?

WiMAX+5Gの回線スピードは理論値で最大2.7Gbps、サムスン製のモバイル端末でも2.2Gbpsというスピードになっていて、現行のWiMAX2よりもかなり速いスピードとなっています。

WiMAX2のモバイル端末のW06は最大で1.2Gbpsとなっていますが、これは最大値です。

一般的な接続方法でWiMAX2をモバイル端末で接続すると約700Mbpsくらいだといわれていますが、これに比べるとWiMAX+5Gの速度がとんでもない高スピードだということがわかりますね。

既存のWiMAXと5GのWiMAXでは何が違うのでしょうか

現在のWiMAX2と、新サービスのWiMAX+5Gではどれくらいなにが違うのでしょうか。

WiMAX+5Gの一番のポイントとしては、5Gの回線網に接続できることと、制限が15GBになったところではないでしょうか。

現在のWiMAXの最大ダウンロードスピードは1Gbps前後くらいですが、WiMAX+5Gは2Gbpsくらいとなっています。

現行のWiMAXと5Gの料金プランを比較すると、ほぼ同じくらいの金額となりますが、端末が高くなっているのがデメリットですね。

WiMAXの5Gの月額料金を比較!

WiMAXの大本のUQ以外のプロバイダーのWiMAX+5Gのサービス提供具合は、まだまだこれからという感じですね。

WiMAX+5Gを提供しているプロバイダー各社の表をまとめましたのでご覧ください。

UQと同じような料金プランで提供しているところに、ビックカメラやエディオンやヨドバシカメラなどがあります。

下の一覧表は、WiMAX5Gに最初に適用できるキャンペーンなどを適用したあとの実質的な支払額を表示しています。

★GMOとくとくBB

実質月額費用:4,668円 基本月額料金:4,631円 事務手数料:3,300円 端末代:無料 契約期間:3年

★カシモ

実質月額費用:4,834円 基本月額料金:4,500円 事務手数料:3,300円 端末代:無料 契約期間:3年

★Broad

実質月額費用:4,899円 基本月額料金:4,763円 事務手数料:3,300円 端末代:無料 契約期間:3年

★BIGLOBE

実質月額費用:5,645円 基本月額料金:4,378円 事務手数料:3,300円 端末代:21,912円 契約期間:1年

WiMAX+5Gの一番お得なプロバイダーとは

WiMAX+5Gをサービス開始しているプロバイダーはまだ少ないのですが、ランキングは以下のようになっています。

第1位 VISION WiMAX+5G

VISIONはキャンペーンなどを駆使すると実質的な月額料金が業界最高峰にお得になります!

特徴

特徴1,3年間での実質月額3,848円

特徴2,契約初月の日割り料金が無料!

特徴3,解約金&違約金が条件ありで無料

特徴4,初期費用無料

特徴5,モバイルルーター端末無料

第2位 カシモ WiMAX+5G

実質的な費用という点においてはカシモがかなり優秀なプロバイダーでしょう。

なお、UQや家電量販店で5Gを契約すると端末代金がかかってしまいます。

特徴

特徴1,実質月額4,000円

特徴2,月額割引キャンペーンあり

特徴3,初期費用3,300円

特徴4,端末料金無料

WiMAXはトライWiMAXというお試しサービスがある

トライWiMAXというサービスは、WiMAXの端末を約2週間くらいレンタルできるお試しのサービスとなっています。

WiMAXはほとんどのプロバイダーで2,3年くらいが契約年数になっています。

上記のような理由から、一度契約してしまうと解約可能期間にならない限り有料料金での解約となります。

必ず全国どこでもカバーしているわけではないので、住居の形態などにもよっていろいろな要因でつながりにくかったりもするので、試してみるのもおすすめです。

次のような条件の人はトライWiMAXがおすすめです。

1,カバーエリアに入っているが、マンションが多いからつながるか不安

2,理論値でいわれているような回線の安定性があるかどうかを試したい人

3,パソコンだけじゃなくて、プレステやタブレットなどに接続可能かどうかチェックしたい人

なお、GMOとくとくBBの場合でも、トライWiMAXと似たような仕組みがあります。

GMOとくとくBBは20日以内なら返品解約ができるので、回線が遅かったとかいう場合は解約料なしで返品することが可能となっています。

GMOとくとくBBなら満足な通信が確保できたのであれば、そのまま契約し続けてもいいですし、約3週間もあるので十分にお試しする時間があります。

個人契約と法人契約の違いとは

WiMAXを契約するときには個人と法人でいくつかのパターンがあります。

WiMAXの契約において個人と法人では契約方法とキャンペーン内容と支払いの方法が違ってきます。

まず最初に契約の流れは、ほぼすべてのプロバイダーで次のような流れで契約が進みます。見積もりからの契約です。

ほぼすべてのパターンとして、個人契約のように1代の契約ではなくて、大口の契約なので、まず最初に見積もりを取る必要があるのです。

また、個人契約と法人契約では窓口が違うので、法人で契約しようと思ったら、法人の窓口から申し込まなくてはいけません。

見積もり依頼をして納得いったら本契約をして、最後に支払をして終わりとなります。

WiMAXなら法人でもキャンペーンが適用される

法人での契約をするときのWiMAXのキャンペーンはプロバイダー各社によって違いがあります。

GMOとくとくBBは、法人向けのキャッシュバックは用意されていません。

キャッシュバックキャンペーンが用意されていない代わりに、法人専用の月額割引が用意されているので、安く契約することができます。

そもそも、キャッシュバックがキャンペーンとして用意されていない理由としては、法人で大量契約になるので、複雑になってしまうからなどの理由があります。

法人契約での支払い方法と個人契約での支払い方法の違いですが、個人はクレカだけとなっています。

法人での支払い方法は、口座振替や請求書払いなどの支払い方法から選ぶことができます。

WiMAXの総評

ここまで、WiMAXのおすすめのプロバイダーや選び方や料金プランなど、メリットデメリットについてあらゆる切り口から検証してきました。

当サイトをここまで見ていただいて、WiMAXのコンセプトや、どういうときに一番利便性がよくなるのか、などなど理解していただけたのではないでしょうか。

最後に総まとめとして、当サイトで一番おすすめのプロバイダーを紹介しておきます。

すべてを踏まえて最高峰のプロバイダは「VISION」

数あるプロバイダーの中でも最強にお得なのが「VISION」です!

VISIONが一番最強におすすめな理由は以下の通りです。

1,各種割引を使って実質的な月額が最安!

2,端末を最速で発送してくれる!

3,最新鋭のモバイル端末が最安もしくは無料で使える!

4,他者からの乗り換え時がお得に使える

ポイント

ポイント1 3年契約の場合は実質月額が3800円

ポイント2 最初の端数日割りが無料になる

ポイント3 違約金がほぼ無料!

[487行目]

[488行目]